生産現場の自動化 、省力化で生産性向上を実現します

株式会社サカエ

株式会社サカエ

電話番号053-461-4521 受付時間 午前8時30分から午後5時半まで

お問い合わせ・資料請求

ホーム > ソリューション > 小さな問題解決 > VA・VEエンジニアリング > ベアリングの長寿命化Vol.1

VA・VEエンジニアリング ベアリングの長寿命化Vol.1

課題・問題点

輸送機関係のエンドユーザーさまは、ショットブラスト装置の投入受け用に普通のカムフォロアを使用していましたが、一か月で交換しているということでした。

サカエに相談したところ

解決方法

NTN1.jpgそこで、NTNのポリルーブカムフォロアを評価していただきました。

NTNのポリルーブベアリングとは、熱固形化したグリースが封入されていて、潤滑寿命の向上やメンテナンスの削減に繋がります。
2ヶ月程経過しても全く問題無いと評価頂き、ポリルーブの良さを認めていただいています。

  • その他の問題解決をみる
  • VA・VEエンジニアリングのソリューションを見る