生産現場の自動化 、省力化で生産性向上を実現します

株式会社サカエ

株式会社サカエ

電話番号053-461-4521 受付時間 午前8時30分から午後5時半まで

お問い合わせ・資料請求

ホーム > ソリューション > 小さな問題解決 > VA・VEエンジニアリング > 稼働率アップは、まず見える化で

VA・VEエンジニアリング 稼働率アップは、まず見える化で

課題・問題点

生産稼働率を上げるためにチョコ停を少なくしたいとお客様から相談がありました。まずは、「見える化」で社員の意識を向上したいとのお話しでした。

サカエに相談したところ

解決方法

表示灯.jpgそこで、日本セックの表示灯を提案し、採用していただきました。
トヨタ自動車の見える化の原点は、「アンドン」です。アンドンとはトヨタの各工場の生産ラインに吊り下げられた掲示板で、工程や機械の稼動や停止状況をランプで工場全体の誰もが分かるようにした仕組みです。生産性向上、コスト削減を実現し、強い現場をつくるためには、まず問題が見えることが大切です。

  • その他の問題解決をみる
  • VA・VEエンジニアリングのソリューションを見る